暗数殺人

画像の説明
韓国の実録犯罪ムービーです。
「暗数」とは実際の数量と統計上あつかわれる数量との差。
主に犯罪統計において、警察などの公的機関が認知している犯罪の件数と実社会で起きている件数との差を指す。
まぁ実際に闇に葬られている事件はここ日本でもたくさんあると考えられる(無いでほしいけれど)
見どころは、殺人犯テオと刑事ヒョンミンの攻防戦。
私の好きなドンパチやバイオレンスはありません。
しかしラストはヒョンミンは全くテオを相手にしていなかった事が分かります。
画像の説明
ヒョンミンの希望は、テオに殺害されたにも関わらず届出すら出されていない犠牲者の弔いであり、テオを二度と刑務所から出せない重い処罰が課される事でした。
ラストにヒョンミンがその事を突きつけ、テオの表情が一気に変わる場面に彼の自尊心が一瞬で砕かれる名場面となっています。
結果、無期懲役となりますが、のちに獄中で自決という形をとります。
一方の刑事は今もなお現役で活躍されているそう。
韓国の司法制度がよくわからないので不思議さも感じますが、猟奇的で恐ろしい映画でした。
犯罪サスペンスが好きな人はオススメ。

コメント


認証コード9657

コメントは管理者の承認後に表示されます。