DMZ(南北国境)後編

画像の説明

臨津閣(イムジンガク)といって、特別な手続きなしに一般市民が北朝鮮に最も近付ける観光地です。
コンビニや展望台などあります。
但し、軍の小屋など写真を撮ろうとすると銃を突きつけられます。
やたらと写真は撮れませんので国境付近は注意ですね。
ここで昼食を摂ったのですが、出発まであと小一時間あるので散策しました。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

何が書いてあるのかはサッパリわかりません。

画像の説明

銃痕の跡が生々しい蒸気機関車。
あと22㎞で北なんですね。
画像の説明
画像の説明
画像の説明

入場料2500ウォンを払えばレプリカですが「自由の橋」を渡ることができます。
画像の説明
画像の説明

左が北まで延びている線路で自由の橋と呼ばれています。
朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた後、捕虜1万3000人余りが橋を渡って南に帰還する際、「自由万歳」と叫んだことから、「自由の橋」の名で呼ばれるようになりました。
私たちがいる場所から先は橋脚だけが無残に残されています。
これは昔は複線だったことがわかります。
戦争で爆撃を受けて崩壊しました。

画像の説明

何を訴えているのか読めないのでわかりませんが、重い空気だったことは確かです。
そんなモノを背負いながら、本当の国境まで行くバスに乗り込みました。

コメント

  • 感動しました。

    私は韓国人ですが、googleで資料を探しながら偶然にブログに訪問したのですが、この旅行ポストを読むことになりました。
    人気のある観光地より、こんな意味のある場所に旅行してくださって、とても感謝しています。
    外国人の目で見たDMZとJSAは興味深いですね。


  • Re: 感動しました。

    >>1 EUNさま
    コメントありがとうございます。
    共感していただき恐縮です。
    もしよろしければ続けてお話がしたいのですが、お問い合わせまたはFacebook経由のMessengerから連絡いただけますか?
    >>ミッチェル上原



認証コード5529

コメントは管理者の承認後に表示されます。