ケガをしたときの応急手当(RICE処置)

捻挫、打撲、肉離れといった主にスポーツや運動時に起きる外傷に対しての応急手当として、RICE処置が有効といわれています。

RICEとはRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとったもので、外傷における炎症症状(腫脹、熱感、発赤、疼痛)の増悪を防いだり、ケガの回復を早める効果があります。

安静(Rest)

riha_rice03[1]

患部を動かしたり、膝や足首などであれば体重をかけたりせず安静を保ってください。





冷却(Ice)

riha_rice04[1]

患部やその周囲を冷やすと炎症症状を抑えるのに効果的です。一般的には、ビニール袋に氷を入れ患部にあてるという方法です。

びりびりとした痛みが出た後に徐々に感覚が無くなっていくので、無感覚となったら氷をはずしてください。
凍傷の予防のために、氷水を使用したりビニール袋をタオルでくるむなどして、注意して行って下さい。

圧迫(Compression)

riha_rice05[1]

患部を圧迫して出血や腫れを防ぎます。弾性包帯やテーピングなどで適度に圧迫してください。
あまり強く圧迫しすぎると血流障害や神経障害などを起こす危険があるので巻く強さは加減してください。



挙上(Elevation)

riha_rice06[1]

患部を心臓より高い位置に持ち上げて下さい。内出血や疼痛の緩和に効果的です。





人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節、筋肉等、 いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いています。

ケガをしたあとに最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うことです。
そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、接骨院、整形外科等を受診することです。

当院では、様々なスポーツ障害(野球肘・ランナー膝・シンスプリント等々)に対応しておりますので、お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。