初めて(久しぶり)の方タップorクリック

熱中症は9月でも危険なんです!

熱中症と聞くと、「真夏の炎天下で長時間に渡って仕事や運動をしている場合にかかる病気」だと勘違いしている人が多いようです。
確かに、日射病は日差しの強い暑い場所でなりやすいのですが、熱中症は室内でも起こりますし、9月の「涼しい季節」というイメージの時期でもなる場合があるので、9月も引き続き熱中症に注意しましょう。
急に暑くなった時、涼しい所から暑い所に移動した時、しばらく休んでいて暑い時に復帰した時などは、特に注意が必要です。
暑さの感じ方は人それぞれ違いますし、体調によっても変わってきます。
体調が悪いと体温調節能力が低下します。

熱中症は体調も大きく関係しています。
夏バテで食欲が落ちていたり、睡眠不足で疲れをため込んでいると、熱中症を起こしやすいのです。
疲れているときや、かぜなどで体調が悪い場合には無理に運動をしないようにしましょう。
また、食欲が低下したり、下痢をしていると脱水傾向となり、熱中症になりやすいので水分補給を忘れずに。
バランスの良い食事、充分な睡眠、疲れをしっかり取ることが、熱中症の予防になります。
疲れや不調は放っておかず、早めにご相談下さい。